ビットコインネットワークの開発資金は誰が支えているの?=ビットメックス調査

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコインネットワークの開発資金は誰が支えているの?=ビットメックス調査
 

ビットコインネットワークの開発資金は誰が支えているの?=ビットメックス調査

資金面から見たビットコインネットワーク開発の状況

レポートによると、現時点のビットコイン・コアの開発資金調達に関する状況は、以前よりも「健全になっている」という。

ビットメックス・リサーチは、公開されている情報と、開発者と直接コンタクトをとって確認した情報に基づいて、包括的なビットコイン開発者への資金提供状況をまとめた。

ビットコインおよびライトニングネットワーク開発に最大数の開発者を雇用しているのは、BlockstreamとLightning Labsとなっている。

ビットコイン開発者と資金提供元

結論

Lightning Labsは米サンフランシスコを拠点に、同じくベンチャーキャピタルを資金源とするが、8人のライトニングソフトウェア開発者を雇用している。

4位は、米マサチューセッツ工科大学(MIT)のデジタル通貨イニシアチブ (DCI)で2人のビットコイン開発者と4人から5人の研究者を抱える。 寄付による資金調達だ。

さらに、ビットメックス・リサーチは、別の角度からも、資金提供状況を調査。ビットコイン・コアプロジェクトへのコミット数の順に開発者をリストアップし、その資金提供者に焦点を当てた。その結果、独立した開発者が11人と多数を占めているが、組織としては、米ニューヨークに拠点をおき、7人の開発者を抱えるビットコインリサーチ会社、Chaincode Labsが首位に立った。 その資金は二人の共同設立者が提供している。

ビットコイン開発のための資金調達の状況は、ビットコイン財団のみが主要な資金提供者であった2012年から2014年までの期間と比較すると、現在ではその数も増え、はるかに分散化されていることが明らかになった。 資金提供者の透明性も高いことから、かなり健全で好調だと言えると、レポートは結論づけている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B