ビットコイン市場は重要局面 下落継続か、世界経済の動向がカギ|仮想通貨市況

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコイン市場は重要局面 下落継続か、世界経済の動向がカギ|仮想通貨市況
 

ビットコイン市場は重要局面 下落継続か、世界経済の動向がカギ|仮想通貨市況

ビットコイン市場は重要局面

ビットコインは、再び米ドル建取引で6000ドルを下回った。3月の下落以降の主要サポートラインにあたる6700ドル付近も目前に。資産現金化需要の再燃リスクが依然高いことで、経済危機に伴う現金化の動きに弱いビットコイン市場は売りが先行した。

3月の記録的な暴落に際し、日米株式指数との相関性を強めた仮想通貨市場は先週半ば、2兆ドル規模の米国の大規模経済対策が最終合意に至った点や、各国の新型コロナ対策の封締め対策を強化を受け、急反発した米国株式市場の値動きに一時同調した。

個人投資家が中心のマーケットになる仮想通貨市場は、経済危機に伴う実体経済の先行き不安から、現金に戻す資産現金化需要の影響を受けやすく、売り局面での株式市場に相関性を強める理由で指摘される。

新型コロナを織り込む経済指標に注目

ビットコイン関連動向

このように、新型コロナウイルスの影響を織り込み始めた経済指標の発表が、今週に入り相次いで発表される。直近では、悪材料はある程度織り込んでいるとの見方もあり、株価は大幅反発したが、景気の先行きに対する強い警戒感を市場がどう反応するか、見極めが難しい状況だ。

日銀短観については、大企業は製造業の景況感が7年ぶりのマイナス圏に沈み、非製造業の落ち込み幅もリーマン・ショック以来の大きさに膨らむ可能性も指摘されており、日本経済の先行きに警戒感は強い。

一方、ビットコイン市場の状況整理では、過去最大規模の難易度調整(-15.95%)を終えたばかりのビットコインハッシュレートが軟調な推移を継続している。

難易度調整を経たことで、マイナーの収益性など、一旦の状況の「リフレッシュ」の実施に期待感が広がったが、週末を跨いだ30日現在では、ハッシュレートの強い再浮上は見られず。29日には、再び100EH/sを下回るなど、マイナーの出戻りは見られていない。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B