ビットコイン少額決済の起爆剤となるか、Lightning Labsが新プロトコル案を発表

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコイン少額決済の起爆剤となるか、Lightning Labsが新プロトコル案を発表
 

ビットコイン少額決済の起爆剤となるか、Lightning Labsが新プロトコル案を発表

認証と決済の両機能を持つ新しいプロトコル案

同社ブログによると、LSATは有料APIにアクセスするための認証および決済メカニズムとして機能する標準プロトコル。Eメールやクレジットカードといった個人情報を送信せずにインターネット上での決済を行えるように設計されている。

LSATを活用することで、サービスプロバイダーは、無料と有料サプスクリプションの中間にあたる従量課金の有料APIの提供が可能になる。

ユーザーは、クレジットカードによる支払いや、メールアドレス提供やパスワード設定などによるログインなどの必要なしに、サービスを利用することができるようになる。より高いプライバシーの確保につながる仕組みだ。

Lightning LabsのCTOであるOsuntokeun氏は、次のように述べている。

従量制の課金をサポート

実用化へ

LSATのリバースプロキシである「Aperture」のリリースも同時に発表されているが、これは、現在、決済チャンネル管理のためのLightning Loopで実用化されているものとのことだ。

LSATはオープンソースであり、すでに実用化されたサービスを利用している顧客も存在するという。 その一つの例がタイムスタンプサービスを提供するスタートアップTieron。

LSATが今後、どのような形で実用化され、インターネット決済を変革していくのか注目したい。

参考:Lightning Labs

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B