ロシア議会、コロナ対策優先で仮想通貨関連法案の判断を再延期

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ロシア議会、コロナ対策優先で仮想通貨関連法案の判断を再延期
 

ロシア議会、コロナ対策優先で仮想通貨関連法案の判断を再延期

ロシアが仮想通貨関連法案の可決を延期

仮想通貨に関連する「デジタル金融資産に関する法案」は、すでに内容は最終決定しており、本来今年の春の終わりまでには可決される見込み。しかし現状ロシアでは、コロナウイルス対策を優先しているため、(移動制限等措置のため)全ての立法手続きが遅延している状況だ。

当法案の可決は、これまでも延期されてきた。今回の報道では、以前の遅れはロシアの関係当局における見解の不一致が原因だった。ロシアの中央銀行は仮想通貨の合法化には反対していたが、議会では支持する声も聞かれていた。

ロシアの規制に関しては現時点では不明瞭であるが、仮想通貨の発行、及び流通を禁止する意向であることが先月判明。仮想通貨の保有以外、ほとんどの行為を禁じる可能性が伝えられた。

今回の報道では、新しい法案は「仮想通貨の定義」を明確にし、決済手段としての利用を禁止するという内容が明らかになった。一方、法案にある条項を違反しない限り、取引所の運営は規制対象に当たらない。またマイニングに関する規制は含まれていない。

実際ロシアは、仮想通貨技術を全面的に否定しているわけではない。ロシア議会には、デジタル技術分野のサンドボックス制度を設ける法案が提出されている。サンドボックスの参加者は仮想通貨の試験利用も行うことができるという。

参考:RBC

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B