イーサリアム活用のハクスラRPG「Forgotten Artifacts」プレα版を配信中

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

イーサリアム活用のハクスラRPG「Forgotten Artifacts」プレα版を配信中

Codebit LabsはWindows、Mac向けに「Forgotten Artifacts」と題したブロックチェーンゲームを開発中で、プレアルファ版を配信している。同作は、クオータービューでランダム生成のダンジョンを探索、強敵と戦いながらレアアイテムを収集し、キャラクターを強化していくハック&スラッシュタイプのアクションRPG。ブロックチェーンゲーム基盤のEnjinを採用しており、ゲーム内アイテムはEthereumのERC-1155規格でトークン化されている。

「Forgotten Artifacts」プレアルファ版は、公式サイトからダウンロードできる。クライアントのダウンロード時にアカウントの作成が必要となるが、その際Enjin用のウォレットアプリ「Enjin Wallet」とのひも付けを行う。ウォレットとゲーム内のインベントリが連動する仕組みだ。

【「Forgotten Artifacts」トレイラー映像】

ハック&スラッシュ系の作品で度々問題となるのが、アイテムを複製するDUPEと呼ばれる不正行為だ。不正に複製したアイテムをほかのプレイヤーに売りつけることで利益を得るといった行為が、このジャンルのあらゆるタイトルで繰り返されてきた。

「Forgotten Artifacts」では、ダンジョンで得られるアイテムはEnjinを通じて代替不可トークン(NFT)として発行されたものになる。Ethereumのブロックチェーンで管理されるため複製することは不可能だ。また、ゲーム外で完結するゲーム内アイテムのユーザー間取引や、Enjinの基盤を活用する他のゲームへアイテムを持ち込むことが可能だ。トークンの仕様は、Enjinにて新たに採用されたERC-1155規格。1回のコントラクトでまとめて取引ができるゲームに最適化されたトークンとなる。

昨今、国内外でブロックチェーンゲームのリリースが活発になっている。だが、その多くはスマートフォン向けに最適化されたソーシャルゲーム様式のものが大半だ。一方、同作はブロックチェーンネイティブでありながら、Unityエンジンを用いてPC向けの3Dゲームとして開発が進められている。現在はプレアルファ版であり未完成の部分が目立つが、順調に開発が進めば本格的なブロックチェーンゲームとなるのではないだろうか。

ブロックチェーンゲーム向けの開発・流通プラットフォームを提供するEnjinは、UbisoftやAMDが加盟するBlockchain Game Allianceの一員。Enjinのエコシステムでは、「Forgotten Artifacts」のほかにも複数のブロックチェーンゲームが開発中だ。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B