ビットコインとの相関低いアルトコインは? バイナンスリサーチが相関係数で指摘

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコインとの相関低いアルトコインは? バイナンスリサーチが相関係数で指摘
 

ビットコインとの相関低いアルトコインは? バイナンスリサーチが相関係数で指摘

ビットコインとの相関低いアルトコイン

5月に控える半減期などを材料に、急ピッチな高騰で一時100万円を超えたビットコインも、新型コロナ蔓延に伴う経済危機で加速した現金化に影響されて下落した株式市場などとの相関性を強めた。

仮想通貨市場と金融市場との相関性も活発化、金融政策やマクロ経済の動向に業界の意識も向き始めるなど、新たな動きにも繋がった。

仮想通貨取引所バイナンスのリサーチ部門は1日、金融資産やアルトコインとビットコインの相関性を分析するレポートを公開。第4四半期(米Q1)の仮想通貨市場を振り返った。

仮想通貨市場パフォーマンス

第4四半期の仮想通貨市場パフォーマンスは、若干のマイナスで終えた。最も大きな変動ポイントは、ビットコインが3月12日に記録的な大暴落で、1日の変動率では過去最大規模となる日間騰落率-37.5%を記録した。

対ビットコイン:アルト、金融資産との相関係数

金融資産のパフォーマンスと相関性

時価総額2位のイーサリアムも、+3.07%とプラス水準に。ビットコインSV(BSV)やテゾス(XTZ)、チェインリンク(LINK)、レオ(LEO=bitfinexの独自トークン)などは20%を超えるプラス水準で、四半期の取引を終えた。

バイナンスリサーチは、重要ニュースや、メインネットの立ち上げ、フォークなど、プロジェクト固有の要素が市場高騰に影響したと解説している。

興味深いポイントとして挙がったのは、ビットコインに対して正の相関性が低いとされたビットコインSVが、ビットコインキャッシュとは0.73を示している点。昨年にもハードフォークが起こった通貨間で、値動きが意識されていることが示された。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B