リップル開発者、XRPレジャーでプライバシー機能を強化する提案

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

リップル開発者、XRPレジャーでプライバシー機能を強化する提案
 

リップル開発者、XRPレジャーでプライバシー機能を強化する提案

XRPレジャーにプライバシー機能改善

開発者のNik Bougalisは、『XLS-9d: Blinded Tags #10』という提案をGithubに掲載。機能の名前は『Blinded Tags』で、主にソースとデスティネーションタグを暗号的に分別しにくくする仕組みを提案した。

説明によると、Blinded Tagsの目的は、ネットワークに対する攻撃者への防止。「仮にこのタグ機能が利用されれば、これまですべてのトランザクションを観察できていた攻撃者は、トランザクションペアを分離し特定することができなくなる」と説明している。あくまでも、XRPに匿名性をもたらす機能ではなく、攻撃防止を目的とした機能の実装になるという。

また、当機能の実装にあたり、通常のトランザクション処理速度に影響が出ることはないと見込んでいる。

参考:Github

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B