PoS系仮想通貨のステーキング割合と価格変動との相関性 Messari最新報告

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

PoS系仮想通貨のステーキング割合と価格変動との相関性 Messari最新報告
 

PoS系仮想通貨のステーキング割合と価格変動との相関性 Messari最新報告

PoS系通貨に関する新調査

PoSとは「Proof of Stake」の略で、ブロックチェーンにおけるガバナンスモデルのひとつとなっている。このシステムでは、通貨をステーク(掛け金)することにより、報酬を得ることが可能になる。他の事例で例えると、ビットコインは、マイニングを通じた計算能力による承認プロセスを有したPoWのアルゴリズムを採用している。

以下のグラフが、今年の始めから今日までの価格変化と、全体供給量の内、ステークされるコインが占める割合を表したものだ。

その理由については、ステークされる割合が少ない分、それが売り圧力となっていることが原因の一つと指摘する。

推論の域をでないが、ステーキングの割合が高いケースでは、集権化の懸念のほか、マーケットの流動性にも大きく影響を及ぼすことで、薄商いの相場状況の懸念点にあがる可能性もある。

つまり、市場材料のことを意味する。

先月に、仮想通貨市場のみならず、多くの金融市場で急落が見られたが、そうした全体的トレンドや、各プロジェクトの進捗状況を伝える発表の二つがPoS系通貨の価格変動に大きな影響を与えていると結論づけた。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B