インド13億人市場で仮想通貨ブーム到来の予兆 Paxfulが現地調査

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

インド13億人市場で仮想通貨ブーム到来の予兆 Paxfulが現地調査
 

インド13億人市場で仮想通貨ブーム到来の予兆 Paxfulが現地調査

肯定的な世論調査結果

この調査は18歳から55歳の男女500人を対象に行われ、仮想通貨に対する一般的な市場心理をはじめ、仮想通貨が大きな変革を起こすと考えられる領域や仮想通貨の普及をリードする業界についての考えが明らかにされた。

インドでは3月4日、インドの中央銀行であるインド準備銀行(RBI)が、国内の銀行および金融機関に対し、仮想通貨関連のサービス提供を禁止した命令が違憲であるとの最高裁判決が下された。 2018年4月に出されたRBIによる禁止令は、法定通貨から仮想通貨への資金流入を困難にしていたが、この違憲判断により、インドの仮想通貨業界は息を吹き返し、インド関連銘柄が軒並み高騰、「プチ仮想通貨バブル」が発生していた。

レポートによると、最高裁の違憲判断が示される前から、仮想通貨投資に強気なインドの様子が窺える。2月のP2P市場の取引量は320万ドル(約3億4500万円)。 調査回答者の75%がすでに仮想通貨投資を始めているが、そのうちの約94%が最高裁判決以前に仮想通貨を購入していた。

世論調査の背景

数字で見る調査結果

インドの仮想通貨市場の未来は明るい

仮想通貨普及の根拠となる仮想通貨の利点は?

仮想通貨普及のための変革をリードするのは?

仮想通貨の継続的成長に必要な要素は?

インド経済へ仮想通貨が及ぼす好影響としては、デジタル化の拡大(44.6%)と起業家精神の高まりによる雇用の増加(43.4%)を挙げている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B