『サトシナカモト』の誕生日に ビットコインの匿名性を高める運動が計画

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

『サトシナカモト』の誕生日に ビットコインの匿名性を高める運動が計画
 

『サトシナカモト』の誕生日に ビットコインの匿名性を高める運動が計画

仮想通貨のミキシングで匿名性を高める運動

CoinJoinとは、複数のユーザーの取引を一つのトランザクションにまとめ、送金経路を分かりにくくする手法。『Coinjoin Day』はその利用を一斉に呼びかけ、ビットコインの匿名性を高めようとする運動だ。

ビットコインで度々誤解される点として挙げられるのはビットコインが匿名であるという点。これは個々のアドレスとそのアドレスの所有者の関係を特定できないという特徴に由来するものだが、送金アドレスのトランザクション履歴自体は誰もが閲覧することが可能な状況にある。

つまり、ビットコインの匿名性(プライバシー)は、一つのアドレスの動向は誰もが確認できるが、そのアドレスが現実世界の誰のものであるかは、本人が公開でもしない限り分からないという点に留まる。

CoinJoinの問題点

一方、マネーロンダリングに対する技術や手段も大幅に選択肢が広がり、取引所などの法定通貨への出口で規制する手段も講じられている。

CoinJoin Day

例えば、匿名性の高い仮想通貨ウォレットとして有名なWasabiウォレットはCoinJoinを実装しているが、過去にはWasabi Walletを使用しミキシングを行ったユーザーが取引所から警告を受けるといった事例が発生した。(国の規制によってはマネロン行為と見なされる事例も)

しかし、CoinJoin Dayは一部のユーザーによって活動を促す動きがあるという。多くのメンバーがCoinJoinを利用すれば、取引所はもはやその利用履歴でユーザーを差別することはできなくなるのではないか、というリバタリアンの発想に基づき計画されている。

同氏はCoinJoinを利用することにより、結果的に犯罪者の資金匿名化に加担してしまう可能を案じている。しかし、Mayerは自身も匿名性を売りにした別の仮想通貨のプロモーションを行っていることから、ポジトークではないかとの批判もある。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B