マイニング機器の価格、仮想通貨市場暴落の影響で下落傾向に

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

マイニング機器の価格、仮想通貨市場暴落の影響で下落傾向に
 

マイニング機器の価格、仮想通貨市場暴落の影響で下落傾向に

マイニング機器が値下がり傾向に

例えば、中国大手のWhatsminerのサイトでは、昨年12月にMicroBTが販売した新M30Sモデルの価格は、2537ドル(約27万5000円)から1999ドル(約21万7000円)になっており、約22%下落。以前のモデルM20Sに関しては、2599ドル(約28万2000円)だった価格が、1340ドル(約14万5000円)になっている。(約半減)

マイニングで収益を上げるには機器の効率も重要なため、業者は最新の機器を入手したいところだ。しかし機器の価格と共に利益も下がっているため、中古の機器を買わざるを得ないマイナーもいると指摘。また、採算割れを起こしたマイナーが稼働を停止して、マイニングから撤退するのではないかという懸念まで出ている。

新型コロナウイルスの感染拡大が金融市場全体に与える影響は、現在も衰えていない。マイニング業界では機器の販売だけでなく、採掘事業も影響を受けている。

関連新型コロナがビットコインマイニングに与える影響

一方厳しい状況が続く中、新たにマイニング事業に乗り出す動きもみられている。つい先日、世界最大手仮想通貨取引所バイナンスは独自のマイニングプールのローンチを2020年Q2(4月から6月)に予定していると発表した。

また2月にはSBIホールディングスの仮想通貨マイニング子会社「SBI Crypto」が米テキサス州でマイニング事業を開始する計画が報じられた。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B