MakerDAO、財団からコミュニティへの長期的なガバナンスの移管案を発表

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

MakerDAO、財団からコミュニティへの長期的なガバナンスの移管案を発表
 

MakerDAO、財団からコミュニティへの長期的なガバナンスの移管案を発表

MakerDAO、自立して持続可能なDAOのフレームワークの概要を公開

3月に起きたイーサリアム(ETH)急落に伴う損失事案なども発表に至った原因とみられる。

財団は数年後に解散(消滅)することを目途に、自律的な持続が可能なDAOに向けて動きを加速する方向性を示した。新しいフレームワークでは、有償で働く貢献者とドメインチーム、メイカー改善案、選出される代表者などを特徴とする。

MakerDAOでは、利用者がイーサリアム(ETH)やERC-20トークンを担保にして契約を結び、独自仮想通貨Daiを借り入れることができる。1Daiの価値は1米ドルと等しくなる仕組みとなっている。

テンセンクリス氏によれば、MakerDAOにとって現在の財団への依存は長期的には持続可能なものではない

3月12日にはイーサリアム価格の下落と関連して、約530万DAIの損失が発生。このトラブルも踏まえて、クリステンセン氏は、財団は解散に向けた動きを加速し、財団の持つリスクマネジメント能力をコミュニティに移転し始める必要があると述べた。

新たなガバナンスの構造とは

クリステンセン氏によると、メイカー財団が完全に解散するまでにはしばらく時間を要する見込みで、それまでに財団が蓄積してきたガバナンスの設計や知識の伝達を促進し、財団の解散がシステムのパフォーマンスに悪影響を及ぼさないようにする。

彼らはエコシステムのいわば「公務員」として、セキュリティの維持からプロトコルの長期的な開発に至るまで専門的な技能を提供するという。

クリステンセン氏によると、リスク管理が最も重要な仕事であるが、マーケティング、人事、法的調査など、EPCに委任された幅広い仕事があり得る。EPCの構造や役割は、コミュニティ内の提案で追って正式に決定される予定だ。

ほかに、EPCとは別にMakerDAOのネイティブトークンであるMKR保有者の投票によって選ばれる代表も存在し、これらはいわば政治家としてガバナンスが正常に行われる状態を保つ役割を担う。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B