米国でブロックチェーン専門知識強化の動き、米国会計検査院が求人広告

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米国でブロックチェーン専門知識強化の動き、米国会計検査院が求人広告
 

米国でブロックチェーン専門知識強化の動き、米国会計検査院が求人広告

米政府機関でブロックチェーン関連の求人

募集しているのは、新興技術に精通したコンピューター科学者/エンジニアとアシスタントディレクター。昨年1月、20年ぶりに新設されたGAOの組織、「科学技術アセスメント・分析チーム」( Science, Technology Assessment, and Analytics :STAA)に属し、調査、分析、研究開発などの職務を担うことになる。なお、GAOは米国連邦議会の付属機関だ。

STAA組織のうちの一つ、イノベーションラボの使命は、「高度な分析と新しい技術を用いて、監査の未来のあり方を方向づけ、機関全体にまたがる多様で意図的な実験を推進すること」と説明されている。

イノベーションラボのデータサイエンティストは、AIや「ビットコインの機能を支える」分散型台帳技術などの新興技術を駆使して時代の先を行く方法を、「サンドボックス」的テスト環境で探索しているという。

求人広告が出された両ポジションとも年収1000万円を優に超えるが、その具体的な募集内容には次のようなものが挙げられており、ブログの内容を裏付けるものとなっている。

募集内容

GAOの5カ年戦略計画(2018−2023)

ブロックチェーン求人指数

・デジタル台帳(ブロックチェーン)

・モノのインターネット(IoT)

・仮想現実/拡張現実(VR /AR)

・5G技術

前出の公式ブログの中では、機械学習やブロックチェーン等の新興技術が、大規模で複雑な情報処理とデータ分析能力を高める可能性があると指摘されている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B