ビットコイン先物市場に異変、「中華系」仮想通貨取引所の台頭が顕著に

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコイン先物市場に異変、「中華系」仮想通貨取引所の台頭が顕著に
 

ビットコイン先物市場に異変、「中華系」仮想通貨取引所の台頭が顕著に

ビットコイン先物市場に異変、BitMEXのBTC先物取引シェアが低下

仮想通貨分析企業Skewのデータによると、3月12日以降、BitMEXは競合の大手取引所にBTC先物取引の出来高シェアを奪われていることがその要因だ。

直近のデータでは、4月8日のBitMEXのBTC先物取引高は18億ドル。それに対し、同じ大手のBinance、Huobi、OKExの取引高はそれぞれで24億ドル、20億ドル、20億ドル。中華系大手取引所の出来高が好調だ。

また、これまで競合取引所よりも小さいスプレッドを提供することで最大手の地位を維持していたBitMEXだが、3月のBTC価格暴落以降、Binanceなどの取引所とスプレッドの水準に差異がなくなっているという。

BitMEXの一時的障害

3月13日に2度に渡ってDDoS攻撃を受けたことを明かした。攻撃を受けたBitMEXはプラットフォームのシステム遅延や妨害が発見され、ユーザーに対しても直接的影響があった。(BitMEXのサーバーダウンは、相場急落を助長したとの指摘もあった)

なお、BitMEX側は損失補償として、一部のユーザー(156アカウント)に対して、計40.297BTCを返金。また、今後の予防対策として、BitMEXプラットフォームの古い、脆弱な部分のシステムを見直しを改めて行う意向を示している。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B