仏金融庁が欧州委員会の質問状に回答 仮想通貨への見方示す

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仏金融庁が欧州委員会の質問状に回答 仮想通貨への見方示す
 

仏金融庁が欧州委員会の質問状に回答 仮想通貨への見方示す

フランス規制当局が質問状に回答

欧州委員会は、昨年12月から今年3月まで、仮想通貨市場の欧州における枠組み作成について、オンラインで質問状を公開し回答を受け付けていた。仮想通貨の分類方法や、規制対応などを含む117の質問項目があった。

AMFはこれに対して公式の回答を発表、仮想通貨について見解を明らかにして、いくつか提案を行った。

しかしより詳細な分類(セキュリティトークン、決済トークン、ステーブルコインなど)については、確実なフィードバックが行われてからすべきと主張。ただし、規制当局は、金融商品としての特徴があり、電子マネーに該当する仮想通貨は適切に区別する必要があるという。

「AMFとして、電子マネー制度を維持することが重要と考えている。この制度は適切なものであり、新しい規制によって損なわれるべきではない。とはいえ、異なる制度を区別するために定義を模索することは有用だ」とAMFは述べた。

仮想通貨の分類はまだ時期尚早

グローバルステーブルコインに懸念

フランスは以前にフェイスブックが提案する仮想通貨リブラについても経済的影響に対する懸念を表明しており、その姿勢は変わっていないとみられる。

参考:AMF

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B