[cryptopack id="115"]

リブラが方針転換、法定通貨と連動したステーブルコイン導入へ

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

リブラが方針転換、法定通貨と連動したステーブルコイン導入へ

リブラが方針転換、法定通貨と連動したステーブルコイン導入へ

 

リブラが方針転換、法定通貨と連動したステーブルコイン導入へ

2020/04/18 02:28

リブラが方針転換、法定通貨と連動したステーブルコイン導入へ

フェイスブックが主導しているデジタル通貨『Libra(リブラ)』は16日、更新されたホワイトペーパーのバージョン2.0にて、これまでのバスケット構造のステーブルコインを導入する計画から、各国の法定通貨を連動した複数のステーブルコインを導入すると方針転換を明らかにした。

米ドルやユーロ、それぞれと連動した複数のステーブルコイン

新しい方針では、各国の法定通貨ごとにデジタル通貨を発行する形になる。例えば米ドルと連動するデジタル通貨や、ユーロと連動するデジタル通貨といったように、各国法定通貨と連動したステーブルコインを複数発行する。

当初発表されたホワイトペーパーでは、複数の法定通貨と連動した「通貨バスケット」の構造をとっていたが、今回のアップデートでトーンダウンしたことになる。

各国の金融当局は、世界に27億人ものユーザーを抱えるフェイスブックが共通のデジタル通貨を発行することで、既存の法定通貨の独自性が失われることを警戒しており、フェイスブックはその懸念に応えて現実路線を選んだと言える。

Libraは国際送金や銀行口座を持たない人などの課題を解決するため、2019年6月に発表された金融インフラ構想だ。低ボラティリティでセキュアなステーブルコインで、さらに100社を超えるコンソーシアムの組成を計画している。

CoinDeskの取材では、当初の予定通り「2020年中にローンチするという目標に向かって、全力を尽くしている」とのことで、開発は大詰めを迎えている。

Libra(リブラ)の関連記事


Facebook独自コイン『Libra(リブラ)』の“金融インフラ”構想とは?

Facebookが独自の仮想通貨『Libra(リブラ)』を6月18日に発表しました。噂の段階では社内でのコインの呼び名は『Global Coin(グローバルコイン)』でしたが、正式名称はLibra(リ … 続きを読む Facebook独自コイン『Libra(リブラ)』の“金融インフラ”構想とは?


Libraは広告に次ぐ柱となるか?Facebookの狙う壮大なビジネスモデルを解説

ついにベールを脱いだFacebookの独自コイン『Libra(リブラ)』構想。 デジタル金融インフラとして、銀行口座を持たない人でも通貨の送受信ができるプロダクトであることがわかりました。 ただ、仮想 … 続きを読む Libraは広告に次ぐ柱となるか?Facebookの狙う壮大なビジネスモデルを解説


FacebookのLibra(リブラ)に潜む6つのリスク

Facebookが公開したブロックチェーンを活用した金融インプラプロジェクト『Libra(リブラ)』に対する様々な意見がメディアで飛び交っています。 ホワイトペーパーや公式ページなどを見ていると、エコ … 続きを読む FacebookのLibra(リブラ)に潜む6つのリスク

The post リブラが方針転換、法定通貨と連動したステーブルコイン導入へ appeared first on Coin7 仮想通貨ニュースメディア.

配信元:

 

引用元:https://cc.minkabu.jp/news/5355

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。