[cryptopack id="115"]

インドの暗号資産取引所がインド準備銀行に対して位置付けや課税への説明を求める

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

インドの暗号資産取引所がインド準備銀行に対して位置付けや課税への説明を求める

 

インドの暗号資産取引所がインド準備銀行に対して位置付けや課税への説明を求める

2020/05/07 11:35

インドに位置する複数の50取引所が、インド準備銀行に対して業種の位置づけやそれに伴う課税に関する説明を求めたことがわかりました。

これは、レンダーが規制の不明瞭さを指摘して、取引所に対する銀行業務を拒否しつづけることが原因となっています。

また、Goods and Services Taxによる課税に違いが出るため、取引所は業務形態が商品、通貨、品物に該当するのか、サービスとして扱われるのかに対する説明を求めています。

取引所Belfrics GlobalのCEOであるPraveenkumar Vijayakumar氏は、「もしも取引所が行う全ての取引がGoods and Services Taxによって課税されるとしたら、大多数の取引所は生き残れないだろう。この懸念を解決するため、私たちはインド準備銀行に対して説明を求めている」とコメントしています。

記事ソース:The Economic Times

The post インドの暗号資産取引所がインド準備銀行に対して位置付けや課税への説明を求める appeared first on CRYPTO TIMES

配信元:

 

引用元:https://cc.minkabu.jp/news/5424

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。