[cryptopack id="115"]

トラストバンクとblockhive、行政サービスのデジタル化促進に向けて業務提携【フィスコ・ビットコインニュース】

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

トラストバンクとblockhive、行政サービスのデジタル化促進に向けて業務提携【フィスコ・ビットコインニュース】

 

トラストバンクとblockhive、行政サービスのデジタル化促進に向けて業務提携【フィスコ・ビットコインニュース】

2020/05/28 10:45

ふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」を企画・運営するトラストバンクと、エストニアと日本に拠点を持つグローバルテック企業のblockhiveは27日、電子国家エストニアのノウハウを活用した行政サービスのデジタル化促進に向けて業務提携したと発表した。提携により、全国自治体のデジタル化を支援していくという。

同提携では、トラストバンクが開発・提供する自治体専用ウェブフォーム作成ツール「LoGoフォーム」と、blockhiveが開発・提供するデジタルID(身分証)アプリ「xID」をかけ合わせ、次世代の行政電子申請プラットフォームを構築。これにより、従来、本人確認のためにハンコが必要だった行政申請を、オンラインで完結できるようになり、自治体職員が素早く簡単に作成した行政申請フォームで、住民がスマートフォンから安全に申請できる未来を実現すると伝えている。

トラストバンクはふるさとチョイスと契約する1,560自治体超のネットワークと、親会社でITコンサルティングを手がけるチェンジ<3962>のノウハウを活かし、行政デジタル化のパブリテック事業を推進している。2019年11月に、自治体専用ビジネスチャット「LoGoチャット」、2020年3月に自治体専用フォーム作成ツール「LoGoフォーム」を発表した。

blockhiveは、行政申請の99%がオンライン化されたエストニアでの経験とノウハウを活かし、デジタルIDおよびブロックチェーン関連のソリューションを開発・提供している。2019年12月には、石川県加賀市と行政サービスのデジタル化に向けた協定を締結し、デジタルIDアプリ「xID」を活用して市の行政手続きオンライン化を推進した。

<HH>

配信元:

 

引用元:https://cc.minkabu.jp/news/5518

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。