[cryptopack id="115"]

主要中央銀行の量的緩和はビットコインに追い風か【フィスコ・ビットコインニュース】

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

主要中央銀行の量的緩和はビットコインに追い風か【フィスコ・ビットコインニュース】

 

主要中央銀行の量的緩和はビットコインに追い風か【フィスコ・ビットコインニュース】

2020/06/05 08:26

過去を振り返ると、マネタリーベース(中央銀行が供給する通貨)が増えるにつれて、ビットコイン(BTC)価格は上昇する傾向があるーこうしたトレンドからか、新型コロナウイルスの脅威に揺れる経済を支えるためのFRBによる何でもありの対応は、今後ビットコインの価値にプラスに作用するという見通しが出ている。独立系リサーチ企業Delphi Digitalが5月11日、報告している。

Delphi Digitalが発行したレポート「ステイト・オブ・ビットコイン 2020」によると、過去10年以上に渡る金融緩和の結果、主要国の中央銀行(FRB、ECB、BOJ、PBOC)の総資産の合計が2011年1月時の10兆ドル強から現在の30兆ドル弱に膨らんだ。さらに、Covid-19に応じて「世界の中央銀行に約束された2020年内の財政支出と救済策は合計10兆ドル以上に相当する」という。

これまで各国政府がより多くの資金を供給するにつれて、供給量が2,100万枚に固定されたデフレ属性のビットコインの価値が後押しされてきた。Delphi Digitalは10年間の価格データに基づいて「中央銀行の資産拡大ペースが減速し始めると、ビットコインの強気サイクルがピークを迎える傾向がある」と強調した。資金供給によるビットコイン価格への影響は遅効性ということだ。

Delphi Digitalはまた、ブロックチェーンデータに基づいてビットコイン保有者数の着実な積み上げを指摘した。それによると、1 BTC未満を保有するアドレス数が2015年比で744%増加しており、一般投資家層の成長が特に顕著だった。

また、未使用の状態のBTCを表すUTXO(Unspent Transaction Output)に基づいて、現存するBTCの22%が5年間動かされておらず、7.7%が10年間不動のまま。1年以上、及び3年以上ビットコインを動かしていないホルダーの割合は2016年時点とほぼ同数となった。つまり、3月のビットコイン価格の暴落にかかわらず、長期保有者はほとんど資産を動かさない傾向が示されている。

(記事提供元:HEDGE GUIDE)
HEDGE GUIDEは、投資初心者向け金融・投資メディアです。資産運用や投資判断に役立つニュースやノウハウ、企業インタビューなど独自に取材・分析した記事を配信しています。

<SI>

配信元:

 

引用元:https://cc.minkabu.jp/news/5555

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。