[cryptopack id="115"]

クリプトガレージ、暗号資産OTC市場に特化した決済プラットフォームの商用サービスを開始【フィスコ・ビットコインニュース】

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

クリプトガレージ、暗号資産OTC市場に特化した決済プラットフォームの商用サービスを開始【フィスコ・ビットコインニュース】

 

クリプトガレージ、暗号資産OTC市場に特化した決済プラットフォームの商用サービスを開始【フィスコ・ビットコインニュース】

2020/06/10 11:08

デジタルガレージ<4819>と東京短資の合弁会社であるクリプトガレージは9日、暗号資産(仮想通貨)の大口OTC市場に特化した決済プラットフォーム「SETTLENET」の商用サービスを開始すると発表した。

クリプトガレージは2019年1月より日本政府の規制のサンドボックス制度にて、「SETTLENET」のサービス実証を実施してきた。同実証において、『テスト環境を利用した概念実証の域を越え、実際の暗号資産と日本円資金をサイドチェーン上で同時決済するという課題に成功し、2020年1月に実証を完了した』と伝えている。規制のサンドボックス制度を利用したサービス実証の成功を受け、「SETTLENET」の商用化にいたったと説明している。

同サービスでは、ブロックチェーン関連企業であるカナダのBlockstream(ブロックストリーム)が開発したサイドチェーン「Liquid Network(リキッドネットワーク)」を基盤とし、『ブロックチェーン上の資産の管理権を第三者に引き渡すことなく、取引当事者間での資産の同時交換を、取引成立から平均2分以内で実現』すると伝えている。

同サービスはトレーディング会社や取引所、資産運用会社、ブローカーを対象に提供するもよう。事業者間で暗号資産の決済代金の支払いに利用可能な円建てトークン「SETTLENET JPY(JPYS)」を発行し、スムーズな法定通貨建ての決済を提供するとしている。

加えて、同社は「SETTLENET」を構築する上で蓄積した要素技術やツール群を随時提供する予定だという。リキッドネットワーク上のアセットの管理を容易にする「UTXO Manager」の提供も開始すると発表している。

<HH>

配信元:

 

引用元:https://cc.minkabu.jp/news/5588

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。