[cryptopack id="115"]

D.C. Financial Services Lawがビットコインをマネーと定義

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

D.C. Financial Services Lawがビットコインをマネーと定義

 

D.C. Financial Services Lawがビットコインをマネーと定義

2020/07/27 13:50

アメリカ合衆国連邦裁判所は金曜日、D.C. Financial Services Lawによりビットコインがマネーの分類に定義されると発表しました。

加えて、連邦裁判所はアンダーグラウンドのビットコイン取引プラットフォームを運営するLarry Dean Harmon氏の求めた訴訟取り消しを却下しました。D.C. Financial Services Lawで定義された未認可の送金ビジネスと連邦法で定義されたマネーロンダリングに該当するとされています。

しかし、ワシントンに位置するNPOでリサーチャーとして活動するPeter Van Valkenburgh氏は「この判例はあくまでD.C.’s money transmission lawの文脈下でビットコインがマネーとして扱われると言うことを示している」とコメントしています。

2018年にはアメリカの商品先物取引委員会(CFTC)が、連邦裁判所が仮想通貨はコモディティであるという判決を下した事発表しました

記事ソース:Bloomberg

The post D.C. Financial Services Lawがビットコインをマネーと定義 appeared first on CRYPTO TIMES

配信元:

 

引用元:https://cc.minkabu.jp/news/5794

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。