データで紐解く、バイナンス・スマートチェーンの台頭とBNB高騰の背景

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

データで紐解く、バイナンス・スマートチェーンの台頭とBNB高騰の背景
 

データで紐解く、バイナンス・スマートチェーンの台頭とBNB高騰の背景

データで紐解くBSC

バイナンス・スマートチェーン(BSC)は、仮想通貨取引所バイナンスが2020年9月にローンチしたブロックチェーン。イーサリアム仮想マシン(EVM)を導入していることからスマートコントラクト機能が導入されており、dApps(分散型アプリ)やネイティブトークン「BNB」のステーキングなどができることから、DeFi(分散型金融)プラットフォームとして活用が拡がっている。

DappRadarの分析では、21年2月においてBSCの取引量は7,450億ドル(約81兆円)を記録、ユニーク・アクティブウォレット数も2月の1ヶ月だけで30,000から108,000まで266%増加した。対照的にイーサリアムのユニーク・アクティブウォレット数は67,000まで減少したという。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します

(ピンク:BSC、青:ETH、赤:ThunderCore、緑:Flow、紫:WAX)

また、下記の図を見ると、2021年に入り、BSCの取引量が急激に増加したことが伺える。

バイナンススマートチェーン台頭の要因

仮想通貨BNBも時価総額TOP5に浮上

DeFi領域で主に利用されてきた時価総額2位のイーサリアム(ETH)はNFT(非代替性)ブームも重なり、取引手数料の高騰が取り沙汰されてきた。対照的にBNBはイーサリアムの10分の1の手数料が抑えられるなどのメリットがあるとDappRadarは指摘。

事実、dAppsを提供するバイナンススマートチェーンでは、DeFi関連のプロジェクトが大半を占める状況が発生している。2月には90以上のdAppsがBSCでローンチされたが、約80%がDeFi関連だった。

(青:DeFi関連、ピンク:その他)

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B