米ケンタッキー州、ビットコインマイニングを奨励する法案二つが前進

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米ケンタッキー州、ビットコインマイニングを奨励する法案二つが前進
 

米ケンタッキー州、ビットコインマイニングを奨励する法案二つが前進

仮想通貨マイニングに優遇措置を設ける法案二つ

一つ目は、税制上の優遇措置を中心とするもので、テクノロジー企業をケンタッキー州に呼び込むための施策の一環だ。ビットコイン(BTC)などの仮想通貨マイニングに使用される有形資産や電力に関して消費税や物品税を免除するという内容となる。

また二つ目は、クリーンエネルギーを使う企業への優遇措置を、仮想通貨をマイニングする企業にも広げるもの。資本要件が規定されており、資本投下額が100万ドル(約1億円)以上のマイニング施設を対象とする。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します

投票記録によると、一つ目の法案は、3月3日に賛成82票、反対15票で下院を通過した。ケンタッキー州の議事日程によると、この法案は3月15日に上院で審議される予定だ。法案の一部を修正し、免税措置を2030年半ばに廃止することが提案されている。

米国で進むマイニング設備への投資

「マイニング能力の分散化は市場の安定にも寄与」

先日、ブロックチェーン・暗号資産投資で米最大手のデジタル・カレンシー・グループ(DCG)の子会社Foundryがビットコインのマイニングプールを正式にローンチ、機関投資家に開放している。

関連米DCGの子会社Foundry、北米に大規模仮想通貨マイニングプールを正式ローンチ

関連米最大手仮想通貨投資企業DCGの子会社、14,000台の最新マシンを購入 マイニングサービスを拡大へ

ウォ―ルストリートジャーナルの取材に答えて、米マイニング企業Core Scientificの成功戦略責任者Russell Cann氏は、ある政府の方針によって、仮想通貨市場が大きく影響を受けないためにも、北米でのマイニング能力拡大は意義があると語った。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B