「ユニコーン企業に匹敵する時価総額」10億ドル規模まで成長した有望な仮想通貨(暗号資産)は?

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

「ユニコーン企業に匹敵する時価総額」10億ドル規模まで成長した有望な仮想通貨(暗号資産)は?
 

「ユニコーン企業に匹敵する時価総額」10億ドル規模まで成長した有望な仮想通貨(暗号資産)は?

アルトシーズンで時価総額膨らむ

5日未明には、仮想通貨(暗号資産)市場の全体時価総額が節目となる2兆ドル(約220兆円)を初めて突破した。21年1月に1兆ドルを突破したばかりだった。

アルトコインに資金が集中する反面、ビットコインのドミナンス(市場占有率)は、1月上旬の68%から執筆時点で54%と低下した。

関連:仮想通貨(暗号資産)の全体時価総額2兆ドルの大台に、ETHやXRPなどアルトシーズン再来で

ユニコーン級に成長した銘柄は

主要通貨が超えたタイミングは?

前年比+856%と急拡大する仮想通貨(暗号資産)市場において、いわゆる「ユニコーン企業」と同水準の時価総額まで成長する事例も相次いだ。

20年6月以降のDeFi(分散型金融)、21年2月頃からはNFT(非代替性資産)ブームの恩恵で、時価総額が急増した一部銘柄と10億ドル突破した時期をリスト化した。

時価総額20位以内に浮上したシータ(THETA)は、昨年12月に10億ドル水準を上回った。一時はTOP10に躍り出るなど急速に関心が高まった。イーロン・マスク氏の度重なる言及やReddit上の流行で、草コインの基軸通貨であるドージ(DOGE)も21年1月に時価総額10億ドルを突破した。

関連:前年比200倍の仮想通貨(暗号資産)シータ(Theta)が時価総額9位まで高騰、分散型ストリーミング銘柄に高い関心

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B