NFTの米国意識調査、人気のNFTや世代間傾向は?

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

NFTの米国意識調査、人気のNFTや世代間傾向は?
 

NFTの米国意識調査、人気のNFTや世代間傾向は?

NFTの認知度高まる

NFTは分割不可能で固有の価値を持つトークンであり、デジタル形式の美術品や音楽、スポーツ選手の収集カードなど様々な形で発行が始まっている。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します

関連非代替性トークンNFTとは|主な特徴と将来性を解説

今回の調査は、2021年3月31日にThe Harris Pollが米国内で18歳以上の成人1,088人を対象にオンラインで実施したものだ。

NFTに詳しいと答えた人々の40%は、少なくともある程度は購入を検討する可能性が高いと述べたが、42%はNFTの人気は短期的と見ているようで、人気が5年以上続くとは予想していない。一方で38%は、流行遅れになったとしても、投資する価値があるとした。

ミレニアル世代がNFTに積極的な傾向

どんな種類のNFTが人気?

調査によると、NFTによる意識や行動には、世代間で違いがあるようだ。

ミレニアル世代とは一般的にミレニアム(新千年紀)が到来した2000年前後以降に社会に進出する世代で、1980年代始めから1990年代半ばまでに生まれた世代の意味だ。他の調査によると、この層は暗号資産(仮想通貨)へ他の世代よりも前向きな見解を持つ傾向がみられている。

また、自分は「投資家」だと認識している人と「コレクター」だとしている人の間でも、大きな意識の違いが観察された。投資家はNFTを短期的な流行と見なす可能性がより高く(投資家50%、コレクター43%)、コレクターはNFTに感情的な価値を見出す可能性がより高い(コレクター61%、投資家46%)という。

裕福な層やミレニアル世代は、自分を「コレクター」とみなす可能性が最も高かった。世帯収入が10万ドル(約1,100万円)以上の回答者の半数(50%)がコレクターであると答え、31%がNFTを購入していた。また、ミレニアル世代の63%が自分は「コレクター」だと考えており、その内40%がNFTを購入している格好だ。

コレクターと自己認識する人々の22%が、NFTを所有していると回答。コレクターの間でNFT収集は、レコードやヴィンテージおもちゃの収集(22%が収集)と同じくらい一般的で、スポーツ関連の記念品(21%が収集)、漫画(19%が収集)、自動車(18%が収集)よりも人気が高いという結果だ。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B