「環境に優しい」テゾス基盤のNFTプラットフォーム、募金イベントを開催

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

「環境に優しい」テゾス基盤のNFTプラットフォーム、募金イベントを開催
 

「環境に優しい」テゾス基盤のNFTプラットフォーム、募金イベントを開催

テゾス、エコなNFTプラットフォーム

NFTが環境に悪く、多くの二酸化炭素を排出しているという指摘は最近となって広く拡散されており、オーストラリアの建築家、クリス・プレヒト氏のようにNFTへの参加を取りやめるアーティストも出ている状況だ。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します

テゾスを基盤とするNFTプラットフォームの一つ、Hic et Nuncは、環境問題を意識するアーティストが集まるNFTマーケットプレイスとなっており、アーティストにとっては手数料の低さも魅力の1つ。

Hic et Nuncは「世界芸術の日」というイベントを開催し、著作物へのライセンスを提供する非営利団体Creative Commonsの募金活動を行うことを発表。イベントは4月30日まで開催され、40か国以上から200人以上のアーティストの作品が登場するとしている。

テゾスブロックチェーンを利用するNFTマーケットプレイスとしては、ARやVRの作品を取り扱うAcurt Artは4月15日にベータ版をリリースした。Acurt Artはツイッター上で以下のように説明している。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B