分散型オラクルChainlink、バージョン2のホワイトペーパーを公開

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

分散型オラクルChainlink、バージョン2のホワイトペーパーを公開
 

分散型オラクルChainlink、バージョン2のホワイトペーパーを公開

次世代のオラクルを構築へ

オラクルとは、ブロックチェーンのスマートコントラクトに必要となる、アセット価格といった外部情報をネットワーク内に引き込む役割を持つ。

チェーンリンクはそのビジョンを、「スマートコントラクトにおける、オンチェーンとオフチェーンの構成要素を安全に組み合わせる」ことだと説明する。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します

共同創設者兼CEOのSergey Nazarov氏はDecryptに対し、「Chainlink 2.0はプロジェクトが利用するサービスを強化し、人々がより発展したスマートコントラクトを構築できるようにすることで、DeFiの進歩を可能にする。」と語った。

Chainlink2.0とは

注力する分野としては具体的に、複雑さの排除、スケール、秘匿性、トランザクションの順序の公平性、信頼の最小化、インセンティブベースのセキュリティが掲げられている。

ハイブリッド・スマートコントラクトはオンチェーンとオフチェーンのハイブリッドとなり、従来のスマートコントラクトを超えた幅広いユースケースに対応するスマートコントラクトである。

また、以上のような目標を達成する上で、Decentralized Oracle Networks(DONs)というキーワードが計画の技術的な基礎になっている。ホワイトペーパーでは、以下のようにDONの役割が説明されている。

DONは、オフチェーンのリソース(データ)はもちろんのこと、オフチェーンの計算を提供するレイヤー(メタレイヤー)を構成する。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B