金融大手シティ、MakerDAOとDeFiをファンドマネージャーに説明

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

金融大手シティ、MakerDAOとDeFiをファンドマネージャーに説明
 

金融大手シティ、MakerDAOとDeFiをファンドマネージャーに説明

MakerDAOとDeFiを説明

レポートの情報を入手した分析企業Messariのリサーチャーらが内容を公開。世界的な大手金融企業が分散型の金融システムに言及したことで注目を集めている。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します

本レポートは「お金の未来」というタイトルで、2021年4月版だ。ビットコイン(BTC)やステーブルコイン「ディエム(旧リブラ)」、中国の「デジタル人民元(DECP)」など、暗号資産(仮想通貨)や中銀デジタル通貨(CBDC)に幅広く触れる中で、MakerDAOやDeFiについても説明した。

MakerDAOについては、おおまかな仕組みを解説。「分散型の銀行」とMakerDAOを呼び、「イーサリアム(ETH)ネットワーク上で最も早くから稼働しているプロジェクトで、高度なシステムだ」としている。仕組みについては、イーサリアムなどの資産を担保にDaiが発行されることや担保資産が清算されるケースなどを紹介した。

その上で、まずはDeFiのメリットを説明。「オープンな金融システムはイノベーションや競争を促す」、「相互運用性があり、他のプラットフォームとシームレスに資産が動かせる」としたのに加え、以下の5点をメリットに挙げた。

DeFiの課題

DeFiの課題については、最も大きなものとして「規制」を挙げている。匿名性が高いために米国の銀行秘密保護法などの重要な法律を適用することができないと指摘。分散型の性質上、不正に対する責任を持つ明確な主体が存在しないとも説明している。他に列挙している課題は以下の5点だ。

その上で、以下のように主張した。

このレポートの内容を受け、分散型取引所(DEX)「Uniswap」の開発者Hayden Adams氏は、「3年前はDeFiまだ存在していなかった。でも今はビットコインよりもはるかに速く普及が進んでいる」と主張。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B