ビットコイン暴落の影響で新たな「市場の歪み」 個別銘柄ではクアンタム(QTUM)が最高値更新

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコイン暴落の影響で新たな「市場の歪み」 個別銘柄ではクアンタム(QTUM)が最高値更新
 

ビットコイン暴落の影響で新たな「市場の歪み」 個別銘柄ではクアンタム(QTUM)が最高値更新

ビットコイン相場

Bybtのデータによれば、18日のフラッシュ・クラッシュの発生に伴い、過去24時間で99.8億ドル(約1兆ドル)ものロングポジションがロスカットされた。累計時価総額の内、実に3600億ドル(約40兆円)が吹き飛んだ計算だ。

関連:ビットコイン続落 1兆円規模の大量清算発生

18日にかけて下降チャネルに沿って上値・下値ともに切り下げる中(①)、心理的節目の6万ドルで下値支持線を割り込み、大口売りがロスカットの連鎖を誘発したものと考えられる。2月以降の強気トレンドを支えていた中期トレンドライン(②)の押し安値を割り込んだことも市場心理を悪化させた。

一方、オシレーターの4h「RSI(相対力指数)」では年初来最低水準の20%台まで急落しており、反転シグナルも確認できる。これは、1月や2月の暴落水準をも下回る売られ過ぎ水準(③)を示唆しており、日柄調整が済めば、再び上値を追う可能性も考えられる。

各種データに市場の歪み

個別銘柄の動向

株式市場などで緩和マネーによる官製バブルが続くようであれば、米ドルなど法定通貨の価値毀損(物価上昇)懸念はより強まり、企業や機関投資家のインフレヘッジ需要は、代替資産性の強いゴールドやビットコイン市場への関心を喚起することになる。

BTC急落に伴い「キムチプレミアム(Kimchi premium)」が+25%台まで上昇した。

キムチ・プレミアムとは、韓国と他国におけるビットコインの価格乖離を示すもの。韓国特有の資本規制のため、海外を含む取引所間の価格差を利用して利益を得る「裁定(アービトラージ)取引」が機能しにくい側面が指摘されており、17年5月には最大+63%、18年1月には+47%ものプレミアムが確認されている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B