XRP保有者向けトークン配布、6月か──Flare Networkがメインネットローンチ日程に言及

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

XRP保有者向けトークン配布、6月か──Flare Networkがメインネットローンチ日程に言及
 

XRP保有者向けトークン配布、6月か──Flare Networkがメインネットローンチ日程に言及

ローンチ後XRP保有者にトークン配布開始

公式ツイッターによると、2021年6月頃を予定している。フレアネットワークがローンチすると、その独自暗号資産(仮想通貨)Sparkトークン(FLR)の配布も開始される。開発チームは現在、できる限り安全にプロセスを実行できるように取り組んでおり、ローンチ時期はセキュリテイ面のテスト完了に左右されるという。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します

現在のところ、ローンチ日は6月末であり、2~4週間前後する可能性もある。

フレアネットワークでは、1,000億枚のSparkトークンが発行され、そのうちXRPの市場流通量に対応する450億枚が、所定の手続きを行ったXRP保有者に配布される予定となる。詳しいトークンの付与については、以下の記事を参照。

関連「Flare Networks」XRP保有者へのSparkトークン付与、仮想通貨取引所対応一覧と公式FAQ情報

分散型金融やNFTのプロジェクトも

これまでに仮想通貨リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)、ステラルーメン(XLM)、ドージコイン(DODE)をネットワークでサポートすることを発表しており、今後他のコインが追加される可能性もある。

フレアネットワークの周りには、すでにそのエコシステムが構築されつつある。例えば、フレア公式とは関係を持たない、独立した分散型金融(DeFi)プロジェクトのFlare Finance(フレアファイナンス)が存在する。

取引、イールドファーミングステーブルコイン、ローン、保険その他の分野で機関グレードのサービスを提供する。

XRP保有者にはSparkトークン(FLR)が配布されることになるが、フレアネットワークのメインネットがローンチした後、フレアファイナンスも独自トークンDAOFlare(DFLR)をSparkトークンの保有者にエアドロップする予定だ。このDFLRトークンのエアドロップへは、仮想通貨取引所Bitrueが対応する方針を示した。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B