世界最大の金融指数プロバイダー、3種類の仮想通貨(暗号資産)インデックスを提供開始

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

世界最大の金融指数プロバイダー、3種類の仮想通貨(暗号資産)インデックスを提供開始
 

世界最大の金融指数プロバイダー、3種類の仮想通貨(暗号資産)インデックスを提供開始

S&Pダウ・ジョーンズの仮想通貨(暗号資産)指数

提供するのは、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)、そして『メガキャプ』という3つのもので、それぞれでSPBTC、SPETH、SPCMCというティッカーシンボルで表示される。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨(暗号資産)」とは「暗号資産」のことを指します

S&Pダウ・ジョーンズは昨年12月、市場で取引されている主要な550を超える仮想通貨(暗号資産)銘柄の指数を提供する計画を発表し、2021年内にローンチするとした。今回ローンチした3つの指数はその計画の一環にある。また、仮想通貨(暗号資産)に関するソフトウェアやデータソリューションを手がけるニューヨークのLukka社がS&Pダウ・ジョーンズと提携し協力するという。

S&Pインデックスとダウ・ジョーンズ・インデックスが2012年に統合することによって誕生した『S&P DJI』は、指数をベースにしたコンセプトやデータ、リサーチを提供する世界最大のグローバルリソース企業。S&P500やダウ・ジョーンズ工業株平均といった金融市場の代表的な指標を算出し投資家に提供している。

仮想通貨(暗号資産)の指数に関するFAQによると、指数はLukkaが提供する「フェアマーケットバリュープライシング」という方法が利用され、米ドルに反映されるものではなく、「ポイント」として算出されているという。執筆時、SPBTCは7,678.36、SPETHは29,405.14、そしてSPCMCは5,895.79という数値なっている。

また、『メガキャプ』とは、ビットコインおよびイーサリアム両方のパフォーマンスをトラッキングするもので、時価総額の比重が用いられていると説明された。

機関投資家向けの指数として提供されるS&Pダウ・ジョーンズの仮想通貨(暗号資産)インデックスは今後、伝統金融からの参入障壁を軽減するためのプロのツールとみられている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B