BSC上のDeFiプロジェクトにハッキング、33億円相当が不正流出

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

BSC上のDeFiプロジェクトにハッキング、33億円相当が不正流出
 

BSC上のDeFiプロジェクトにハッキング、33億円相当が不正流出

Spartan Protocolから巨額流出

5月2日に同プロジェクト公式ツイッターは「我々の資金プールv1がハッキングされた」と報告、盗まれた資金を回収しようと暗号資産(仮想通貨(暗号資産))取引所バイナンスと共同で取り組んでいるなど状況を知らせた。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨(暗号資産)」とは「暗号資産」のことを指します

Spartan Protocolは、バイナンスが提供する独自ブロックチェーンのバイナンススマートチェーン(BSC)に構築されたプロジェクト。流動性プール(LP)で資産スワップ、合成資産の生成、貸付、デリバティブなどをユーザーに提供している。

Spartan Protocolは、「今回の攻撃を特定・分析できる者がいたら連絡してほしい」と助けを求めていたが、まもなくブロックチェーン分析企業PeckShieldがこれに応える記事を発表した。

プロトコルの欠陥を利用して攻撃

BSCはセキュリテイ強化中

相次ぐ不正流出

ユーザーがプールから資産を引き出す際には、プール内の対応するトークンがバーン(焼却、永久に使用不可能にする)されるが、これに関わる計算を行うロジックに欠陥が見つかったという。

またこの攻撃により、プールから不正流出した33億円相当について、PeckShieldはそれが現在「0x3b6e」というウォレットに保管されていることを突きとめた。同社のチームは、このウォレットの動きを厳重監視しているところだと述べた。

PeckShieldは、4月30日にバイナンススマートチェーン(BSC)エコシステムとの協力関係を発表したばかりだった。DeFiシステムのセキュリテイ強化を行うことが目的だ。

発表によると、BSC上のトランザクション量やアクティブウォレットの数は最近大幅に増加しており、市場の拡大により、dApps(分散型アプリ)の安全性を確実にするため、エコシステム監視の重要性が高まったと説明していた。

PeckShieldのオンチェーン・オフチェーン監視ソリューションは、仮想通貨(暗号資産)トランザクションを自動的に分析し、信頼性が高く素早いリスク評価を提供。同社は、BSCコミュニティが詐欺やフィッシング、ハッキングなどを特定し、不正な取引フローを追跡し、捜査を実行するのに役立つとしている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B